軍艦島

長崎港の南西19キロの海上に廃墟になった炭坑の島「軍艦島」があります。(正式な名前は端島)
端島は1890年から1974年1月の閉山になるまで海底炭坑でした。
周囲1.2キロの島内には、高層アパートや学校などの建築物が林立し、戦艦「土佐」に似た島影から「軍艦島」と呼ばれ、アメリカ軍が魚雷を撃ち込んだという話しもあります。
今は長崎市所有の無人島で上陸はできませんが、「軍艦島沖クルーズ」が就航しています。

  
インターネットで調べると上陸した人もいるようですね。