べっ甲細工

べっ甲細工の歴史は古く、紀元前1世紀のころにはつくられていたそうです。
正倉院に保存されている、隋から持ち帰ったものが日本最古のものとされる。


べっ甲細工が長崎で作られるのは、1571年以降で、中国の人から技法を学び作り始めた。
「タイマイ」(べっ甲用の亀)はワシントン条約の対象となった。