傘鉾2013

傘鉾一番上が「出し」その次が「輪」そして長崎刺繍がされた「垂れ」と呼ばれる。
町にちなんだものを施した傘はまさに踊り町の顔。


担ぎ手の足元で小旗で指示を出す人を「傘鉾棟梁」と呼ぶ。