おくんち2006

長崎くんち
寛永11年(1634年)に丸山町、寄合町の二人の遊女が神前で踊りを奉納したのが始まりといわれています。
その丸山町が41年ぶりに諏訪の森でよみがえります。