懐かしの街並み〜仲通り界隈〜

さるく博のコースを自分勝手にさるいてみました。
始まりは江戸時代、300年以上の歴史を誇る長崎でも一番古い商店街。 電車の車体を使ったレストラン、天保元年(1830年)創業の和菓子店、宮内庁ご用達で国の登録有形文化財の鼈甲店、 アンティークな喫茶店、アールヌーボー調の大正時代の家、上に反りあがった笠木が珍しい肥前鳥居、 昔の長崎港の様子を描いた小学校の体育館壁、懐かしさと新しさが渾然一体となったストーリ感が楽しい街並みです。

長崎さるく博とは、日本初のまち歩き博覧会で、まち歩き42コースがあり、そのうち28コースでガイドツアーがあります。2006年4月1日から10月29日まで行われます。