夕日が美しいキリシタンの里
  〜遠藤周作が魅せられた町〜


フランス人宣教師ド・ロ神父、そして遠藤周作が魅せられたこの町の魅力。果たしてそれは何か?
キリシタン弾圧時代の史跡が多く残る、黒崎・出津界隈です。

バスチャン屋敷跡は、キリシタン迫害時代、日本人伝道士バスチャンの隠れ家と伝えられ、隠れキリシタン時代の貴重な史跡です。(黒崎は過去の”キリシタン神社”でも紹介しています)