大波止 「鉄砲ン玉」

島原の乱で原城の攻略のため寛永15年(1938)、長崎で鋳造された「石火矢玉」と言い伝えられるが、正確な記録はない。
砲身の実物・記録もなく使われることなく、35年間大波止に置かれている。

直径 56cm  重さ 560Kg
長崎七不思議の一つに”玉あれど大砲なし”と言う。
あと6つの不思議ってなんだろう?