中浦ジュリアン

「天正遺欧少年大使」が1582年長崎を出港。中浦ジュリアン。伊東マンショ、千々石ミゲル、
原マルチノ達とともにローマ法王、スペイン国王に謁見。


帰国後はキリスト教禁教の中、65歳で殉教するまで、

神父として布教に努めた。